プロフィール


【主な経歴】
・アパレル実店舗向け法人営業で累計100社を担当
・ネット通販会社の管理職としてマーケティングや顧客対応、発送に至るまで運営全般を経験、
顧客対応メールは累計10万件以上


 こんにちは。

 私は、10年の営業経験で、
大手チェーン店から個人店まで幅広く実店舗の現場の状況を見てきました。

さらにその後ネットショップを通じてネットの世界も経験しました。
小さなネットショップ会社でしたので、
マーケティングや顧客対応、在庫管理、発送に至るまで運営全般を経験しました。

特筆すべきは、
お客様との10万通以上のメール対応をした経験から、
顧客心理や分かりやすい説明を学んだこと。
また、マーケティングも実践のなかで学べたことです。

マーケティングって、ネットとリアルと区別されることもありますが、
リアルな現場も、ネットの現場も経験した私が感じたのは、
本質は同じ、ということ。

そんな経験をもとに、

良い商品、良いサービスを持ちながらも
インターネットって苦手だな、マーケティングって何すればいいの?
なんて、もどかしい思いを抱えている経営者さんに、集客面でのビジネスのサポートをしています。

どういったサポートかというと、インターネットを中心にした集客、
そして集客したら、リピーターになってもらう施策を講じる。

こうした「新規集客」と「リピーター獲得」で、集客”し続ける”仕組み作りをサポートしています。

集客の成否に一喜一憂していては、常に不安が付きまといます。
集客を”仕組み化”することで、安定し、そんな不安も解消されるでしょう。

「迅速でわかりやすく実行しやすい」をモットーにしていますが、
これは、私自身過去にネットショップスタッフとして、10万通以上のメール対応をしてきたからできることです。

ではなぜ、「サポート」することが必要なのかというと。。。

世の中には、たくさんの集客、マーケティングの教材、セミナーがあります。

私も集客のためやマーケティングのためのいくつかの教材を実際に購入しています。
ほとんどがすばらしい有益な内容です。

ただ ”知識”としては良いものの、”実践する”となると少し違うように思えました。

それはなぜか。。

教材やセミナーで知った知識を自分向けの実践レベルに落とし込んだときに、
自分にとってその方法が正しいのか、そもそも”判断”することができなかったのです。
こうした教材やセミナーでも結果が出ない原因はこれじゃないでしょうか?

周りが見えなくなるのです。

そう思って自分に近い人たちに聞くのですが、それでもあまり有意義な返事はもらえません。

本当に必要なのは客観的な視点なんですから。。。

そこで感じたのが、「メンター」の必要性です。

メンターとは、指導者とか助言者を意味します。
施策を客観的視点で判断してもらったり、相談したり
することでより実践しやすくなります。

メンターに相談しながら、進められると、
その成功率も上がり最短距離でできるようになります。

私にも、信頼するメンターがいます。

そして、私も自身の経験を活かしたメンターとして
「サポート」することで
集客にお悩みの方のお役に立ちたいと考えています。

追伸

某毒舌芸人に似ているといわれますが、
私はそれほど毒舌ではありませんし、うまいあだ名もつけられません。。。